田園回帰のまちでくらす やぶぐらし

TOPへ
TOP > 地域おこし協力隊

地域おこし協力隊


石田 芳規(いしだ よしのり)(33歳)
(平成28年3月1日現在)

現住所  養父市大屋町(静岡県静岡市から転入)
職歴等  フリーカメラマンやデザイナーとして活動・農業生産法人で農業に携わる

【活動計画】
○地域と連携した農業と芸術を活用した地域おこし活動
・大屋町笠谷を中心に耕作放棄地を再生して野菜、果樹、山菜等の栽培
・都市部の飲食店などへ野菜のセット販売
・大屋町在住のパティシエと連携して、果物を使ったスイーツの新商品開発(農商連携)
・スーパーで販売されていないハーブ、ラディッシュ等の栽培と販売
・ビッグラボを活用した芸術活動
・農業と芸術活動を組み合わせた生活スタイルの確立(半農半X)

【応募の動機】
祖父母の暮らす養父市、特に大屋町には約30年にわたり年1、2回は訪れてきました。
高齢化の進む中、祖父母の農地や近所の農地が荒れていくのが悲しく、自分が手伝えることがないのかという想いが年々強くなりました。
そして、平成27年3月より本格的に月1回のペースで養父市に訪れ、農地リサーチを行い、静岡から果樹苗の移動を始めています。8月からはお試し住宅を活用し、静岡県内の暖地、寒冷地で培った農法を実践し、実験を行っています。
また、国内外で行ってきた自らが撮影した写真を主とするデザイン技術を利用し、農産物を販売したいと強く望んでおります。
イメージ