田園回帰のまちでくらす やぶぐらし

TOPへ
TOP > 地域おこし協力隊

地域おこし協力隊


三村 英太郎(みむら えいたろう)(23歳)
(平成28年4月1日現在)

現住所  養父市建屋(兵庫県加古川市から転入)
職歴等  大規模農家で研修員として1年間就業

【活動計画】
6次産業化、農産物のブランド化、少量多品目生産による利益確保
・小豆の6次産業化
・やぶパートナーズと連携した農産物の生産とブランド化
・ネット販売の研究
・小規模な農家でも利益を上げられる農産物の模索。特に中山間地にしか育てられない農産物の模索
・一緒に有機農業をする仲間作り。

【応募の動機】
元々農業で起業をしたく、勉強をしているところでしたが、今回戦略特区である養父市の地域おこし協力隊員募集のページを拝見し、農業で地域おこしをする人材を求む、との事だったので応募させていただきました。
現在フレッシュファーマー雇用事業により神戸市西区でキャベツ農家として働いており、2月で1年になります。基本的な技術から、キャベツの専門的な知識まで幅広く教えていただきました。
また、地域おこしについてはインターネットを積極的に使用したものを考えております。
イメージ