田園回帰のまちでくらす やぶぐらし

TOPへ
TOP > 仕事 > 就職就農支援制度

仕事

就職就農支援制度

就農・就職支援制度  特区ならではの就農・就職をサポートします
国家戦略特区で農業をしやすい環境を整えています
養父市は、面積の84%を山林が占め、四方を急峻な山々に囲まれた中山間地域です。山裾と河川に沿って民家と農地が小規模に広がり、米や野菜の栽培、畜産業などが営まれています。しかし、少子高齢化などによる後継者不足もあり、耕作放棄地は年々増加し、農業の衰退が地域の大きな課題となっています。
こうした課題を解決するため、養父市では、平成26年5月に国家戦略特区(農業特区)の指定を受け、規制緩和による多様な農業の担い手の確保と耕作放棄地の解消、6次産業化の推進による地域経済の活性化に取り組んでいます。
イメージ図

農業をはじめたい

農地流動化の促進
養父市全域の農地について、農地の権利設定や移転に係る事務を農業委員会から市長に移しました。これにより、事務処理日数が大幅に短縮されるなど農地の権利移動が迅速に行えるようになりました。また、農地の権利取得の下限面積を10aに引き下げて新規就農をしやすくしました。
6次産業化の推進
農業生産法人になるための要件を緩和しました。これにより、新たに11事業者が法人を設立し、養父市で農業を始めました。(平成28年3月時点)
また、市内で生産される農畜産物を調理し、提供する農家レストランを農業用施設として農用地区域内につくることができるようになりました。
資金調達の円滑化
商工業とともに市内で農業を営む事業者に限り、これまで信用保証協会の信用保証を受けることができなかった農業分野の資金にその保証を受け、借り入れができるようになりました。


就農を応援する給付金制度
青年就農給付金〈準備型〉
県が認める研修期間や農業者のもとで研修を受ける方の所得を確保するための給付金を給付(年間150 万円を最長2年間給付)します。就農予定時に原則45歳未満であることが要件となります。
青年就農給付金〈経営開始型〉
経営が不安定な就農直後の所得を確保するための給付金を給付(年間150万円を最長5年間給付)します。原則45歳未満で独立・自営就農することが要件となります。
青年就農給付金について詳細はこちら
養父市青年就農支援給付金
独立して農業経営を開始するまでの青年就農希望者に対し、準備期間中(青年就農給付金受給開始まで)の所得を確保するための給付金を給付(月額10万円を最長1年間給付)します。原則就農予定時に45歳未満で独立・自営就農することが要件となります。
養父市青年就農支援給付金について詳細はこちら
事業資金の借り入れに要する利子補給金
農業近代化資金0.5%5年以内/農業経営基盤強化資金(スーパーL)1.0%10年以内/美しい村づくり資金 貸付利子全額(県補給金除く)3年


多様な農業の担い手を募集しています
農のあるライフスタイルを提案します
田舎に移り住み自給程度の農業をしたい
1.ゆったり農業(家庭菜園)
あなたの希望をかなえるため、農地を斡旋し指導者を紹介します。
また、おおや有機農業の学校などで有機農業を学べます。
芸術、音楽、農業以外の仕事などをしながら農のある暮らしをしたい
2.じっくり農業(農業と両立した生活)
半農半X、休日農業など兼業農家のライフスタイルが楽しめます。
市内には農産物直売所があり、生産した農産物を販売することができます。
本格的に農業に取り組み生計を立てたい
3.がっつり農業(本格的に農業を営む)
就農に必要な知識や技術の習得を支援し、おおや高原(有機ほうれん草など葉物野菜)、轟高原(大根)といった産地で就農できます。

<関係機関と連携して、就農に必要な知識や技術の習得、経費・資金の確保、農地の確保などを支援し、あなたのやりたい農業を応援します。>


就職したい

就職に必要なスキルを修得
養父市地域雇用創造協議会
養父市や商工会、金融機関などで構成する「養父市地域雇用創造協議会」では、求職者向けの人材育成セミナーや事業主と求職者のマッチングのための就職面接会などの事業を行っています。
[所在地]兵庫県養父市広谷253−1
[問]079−661−9002
就職説明会
大学卒業者やU・Iターン者を対象とした就職面接会、企業説明会を実施します。(開催地/大阪会場(大阪市北区)、但馬会場(豊岡市))
事業所ガイドブックの発行
養父市内の事業所を紹介するとともに学生やU・Iターン者の就職活動の参考としていただくため、養父市商工会と連携して「養父市事業所ガイドブック」を作成しています。